通信制高校の仕組みと特徴とは

必要な単位数は74単位ですが3年以上在学をしなければ卒業できない

スクーリングの際に学校に登校するので、この日にレポート課題を提出したり新たな課題を受け取ります。
テストも実施されることがありますが、基本的にレポート課題の提出とスクーリングに出席することで単位を取得することができます。
必要な単位数は74単位ですが、全日制の高校と同じように3年以上在学をしなければ卒業をすることができません。
通信課程は授業の出席回数が少なくて済みますが、自分で勉強をしてレポート課題をこなす必要があります。
自分で学習することが難しい生徒のために、通信サポート校と呼ばれる学校が存在します。
これは塾や予備校のように、学校のレポート課題を仕上げたりテスト対策の勉強をサポートするための学校です。
通信制高校の最大のメリットは、毎日学校の授業に出席する必要がないことです。
月数回〜10回程度のスクーリングのために登校する必要がありますが、これ以外は基本的に自由です。
自分のペースでレポートを作成したり、他の活動を行うことができます。
このため社会人で仕事をしている人や、別の専門学校に通いながら通信制の高校に在籍する人も少なくありません。
タレントやアイドルの仕事をする傍らで、通信課程の学校に在籍して高校卒業資格を得る人もいます。
全日制と比べて通信制課程は、卒業までに必要な学費が非常に安いというメリットもあります。

昨日、願書を出していた通信制高校から合格通知が届きました
落ちることはないと思ってはいたけど書面で見るとホッとしたし嬉しいものですね^^ pic.twitter.com/JDYgGBuLSu

— 崔利 (@pinokoganbare) 2018年11月23日

通信制高校は単位を取得して卒業ができる高等学校です必要な単位数は74単位ですが3年以上在学をしなければ卒業できない公立の学校であれば、3年間で必要な学費は10万円もかかりません

通信制高校通信制高校(単位制)なら第一学院高等学校